女性の性感帯は亀頭で攻めろ 亀頭を大きくする方法

女性を性的に満足させるためにペニスを大きくしましょう

 

男なら誰でも憧れる大きいペニス。
「オレのペニスがもう少し大きかったら・・・」とため息をついたことのある方もたくさんいると思います。
女性とセックスする時や、温泉などで全裸になる時、ぴったり目のズボンをはく時など、他の人から大きく思われたいですよね。
特に、女性との関係において、セックスはとても大事なことです。
セックスが良くて男性から離れられない女性はたくさんいます。
セックスの上手い、下手はテクニックはもちろんですが、やはりペニスの大きさによるところが大きいでしょう。

 

ペニスが大きいって言っても色々タイプがあります。
竿が長いタイプや亀頭が大きいタイプなど人それぞれです。
竿の長さはある程度遺伝で決まってくるところが多いので、後から努力してもどうにもなりません。
ところが、亀頭の大きさは努力次第で何とかできるのです。

 

そこで、亀頭を大きくする方法について、色んな角度から検証してみたいと思います。

 

「確実に亀頭を大きくするならヒアルロン酸注入」
手っ取り早いところで、ヒアルロン酸注入という方法があります。
亀頭にヒアルロン酸を注入し、大きくする方法です。
ヒアルロン酸は体に少しづつ吸収されるので、効果は半年くらいでなくなってしまいます。
最近では吸収されにくい、コラーゲン、アクアミド、バイオアルカミドなどを注入するクリニックも増えてきています。
値段は10万円〜30万円くらいが相場です。
値段は注入する量、注射剤の種類などによって変わります。
増大効果は期間限定ですが、即効性と確実性なところがメリットです。

 

日帰りで治療が終わり、禁欲期間も2、3日程度で済みます。
デメリットといえば、値段でしょうか。

 

「お金をかけないなら地道に自宅でトレーニング」
亀頭は大きくしたいけど、何万円も払いたくないという方も多いですよね。
そういう方におすすめしたいのが、地道にコツコツと自宅でできる亀頭トレーニングです。
はっきり言って、この亀頭トレーニングは時間がかかります。体質や体格によって効果の出方には個人差がありますが、気長に半年以上はかかると思ってもらっていいと思います。

 

トレーニング方法として、効果があると口コミで好評なのが、ジェルキングと歯ブラシマッサージです。
これらの方法は気合を入れてやるとすぐ燃え尽きてしまい、途中で挫折する恐れがあるので、テレビをみながら適当にやる方が長続きすると思います。

 

ジェルキングのやり方は、勃起したペニスにジェルを塗って、片手で根元を抑えて、もう片方の手でしごくというもの。
しごく時に亀頭に血液を流し込むようにするのがポイントです。
このジェルキングは血流の圧力を利用して、亀頭の細胞を大きくしようというものです。
毛細血管も広がるので、勃起した時の膨張率も増えます。

 

ジェルキングが終わったら、歯ブラシマッサージで仕上げます。
このマッサージに使う歯ブラシは使い古した、先の丸いもの方が刺激が丁度いいと思います。
マッサージの方法は、いたって簡単。
歯ブラシで亀頭をポンポンと軽く、隅々までマッサージするだけです。
歯ブラシの毛先の刺激が亀頭の細胞を活性化させ、血行を促進します。

 

このジェルキングや歯ブラシマッサージのメリットは何といってもお金がかからないことです。
デメリットとしては、効果が出るまでに時間がかかる点です。

 

「履くだけで亀頭増大 遠赤外線パンツ」
少しくらいお金をかけてもいいから、本当に何も努力をしたくないという人もいると思います。
そういう方には、遠赤外線パンツがおすすめです。
遠赤外線パンツは別名、ペニス増パンツと言われ、赤外線の効果によって、血行が促進されるので、亀頭増大にも効果があります。
最近は、遠赤外線が出るというだけでなく、磁力も出るものが開発されているので、より高い効果が期待できます。
毎日履くだけで亀頭が大きくなるということで、ものぐさな方にはおすすめの方法です。
価格も1枚3千円前後なので、通常のパンツよりは高いですが、ユーザーからは肌触りがいい、あったかいなど好評で、値段に見合った高い品質の商品のようです。

 

挿入される時に、亀頭が膣の入り口にこすれるのが気持ちいいと答える女性はかなり多いです。
亀頭を大きくすることで、女性の喜びもふえることでしょう。
自分にあった亀頭増大方法をお試しください。